不用品回収を依頼する前に必ずしておくべきこと

協力体制が外せない

環境の整備を維持する

「日本資本主義の父」が計画した、田園調布付近最高42.5メートルの海抜からの田園調布の住宅地は、1918年に建設された日本最初の住宅専用市街地で、駅の商業地域と住宅地と東西に分かれて分譲され、街頭や街路樹や上下水道が建設されました。
自然と調和する街並みや景観を大切にして、敷地と家屋の面積割合や、道路と隣家との境の生垣などに配慮がされています。
8百年程前に田園調布の多摩川浅間神社(たまがわせんげんじんじゃ)は、北条政子が信仰する富士浅間神社に、夫である右大将の源頼朝の武運長久を祈り持仏の正観世音像を祀ったのが始まりと伝えられています。
改築の際、5世紀末から6世紀前半頃の人物や動物の形の埴輪等が出土し、前方後円墳の古墳と推定され「浅間神社古墳」と呼ばれています。

日本人の本質

大正時代からは中小の工場が増え、低地の方は住宅や中小の工場が密集して商業や工業地区を作り京浜工業地帯の一画です。
台地の方は、関東大震災の後に住宅が急増して、田園調布、雪谷、久が原等の環境重視の住宅地が増えていきました。
臨海部は整備・埋立地の海抜約1メートルで、羽田空港やトラックターミナルやコンテナ埠頭や市場等物流施設のほか、工場団地や野鳥公園等の施設が整えられています。
中小の工場数は約4千。
機械製造や金属加工を行う工場で、大きな工場から受注して様々な形態の部品を作り、その技術は秀逸です。
世界的にも注目を集める工場も複数あります。
近隣の工場のネットワークで協力し合い「 仲間まわし」 と言われる連携する体制が特徴です。
大手系列や下請けにならずに「多品種」「小ロット生産」「短納期対応」の独自活路を見出したビジネスプランで、追随されません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ